ダンベル ヘルニア

ダンベルでヘルニアを予防できる?

 

ダンベル,ヘルニア

 

ダンベルでヘルニアを予防するには、インナーマッスルを鍛える事です。インナーマッスルは体幹であるため、身体の芯の部分を鍛えます。腰の筋肉も体幹で、その筋肉の周りを増強する事で姿勢を維持する事が容易です。

 

姿勢が正しくキープする事が出来ると、腰痛の原因になる変に曲がった姿勢になる事が減りヘルニアがだいぶ楽になります。この姿勢をキープするだけで筋肉を使い、全身の筋肉を使っている事になります。インナーマッスルを鍛えるには、ダンベルを使って行えます。

 

背筋を鍛えるにはデッドリフトを行い、初心者が高重量で行うと簡単に腰を壊してしまうため低負荷でしっかりとフォームを練習して行います。バーベルではなくダンベルにすると、ヘルニアがある人でも腰を痛める事がなく出来ます。

 

腰の筋肉を鍛える運動になり、ヘルニアが緩和されます。スクワットではお尻と足を鍛える事が出来て、ダンベルを持って行うと更に負荷をかける事が出来ます。スクワットの姿勢は背筋をピンと伸ばして行う事で、腹筋と背筋の筋肉も鍛えられます。

 

腰周りの筋肉も同時に鍛えられ、痛みを軽減出来ます。基本的には無理をし過ぎると、腰を痛める原因になります。このため、無理に行うのだけは絶対に止めます。

ダンベルと組み合わせると効果的な運動

 

ダンベル,ヘルニア

 

ダンベルと組み合わせると効果的な運動は、スクワットです。ダンベルを使って行うスクワットは、大殿筋や脊柱起立筋や内転筋群や大腿四頭筋等下半身の大きな筋肉を鍛えるのにピッタリの種目です。ダンベルでスクワットを行うのは、大きな重量を扱えないデメリットはあります。

 

だが手軽に行える点で、優れています。日常生活にプラスオンをして、ダイエット効果を狙っていく等の使い方をすると効果的です。自分の体重だけで行う自重スクワットに慣れてきたら、取り入れていくのがおすすめです。

 

下半身を鍛える事で基礎代謝が上がるが、ダンベルであるとどうしても高重量を扱いにくい傾向にあります。筋肥大や筋力アップよりも、ダイエットや筋持久力のアップに繋げるように活用した方が現実的です。

 

フォームが非常に簡単であるため、ダンベル初心者でも取り組みやすいメリットがあります。効果としては、太ももを鍛える事で基礎代謝が上がってダイエット効果が期待出来ます。お尻の筋肉を鍛えて、ヒップラインを引き締めます。

 

体幹を引き締める事で、姿勢を良くする事が出来ます。バーベルスクワットが難しい女性は、ダンベルスクワットから取り組んでいくのも一つの手段です。

ダンベルを使ってリハビリする

 

ダンベル,ヘルニア

 

ダンベル体操は筋力アップが出来るため、怪我や病気等で筋力が衰えた人がリハビリとして鍛えるのに効果的です。またダンベルを使って行うため、重さを調整出来て個々に合わせた負荷量が調整出来ます。ダンベルを持つ事で、目的の部位や筋肉を意識しやすくなります。

 

特別な道具が必要ないため、ダンベルを購入すれば自宅で簡単にトレーニングが出来ます。ダンベルがない場合でも、500ミリリットルのペットボトルに水を入れてもダンベルの代わりになります。しかもダンベルなら手に持って行うため、下半身を鍛える以外は椅子に座って行えます。

 

座って行うのが楽に出来るようになったら、立って行うようにして負荷を上げていきます。座って行うのも難しい人の場合は、寝たままでも出来る方法もあります。自分の体調に合わせてやり方を考えて行っていきます。

 

ダンベルの重さは高齢者の筋力アップであると、2から3キロ以下のダンベルを選択するのがおすすめです。重たいダンベルを使用すると、肩や背中の大きな筋肉が過剰に働いてしまいます。

 

成人の場合は1RMと言う1回で持ち上がる限界の重さの80%程度の重さを、10から12回程度取り組める重さを選択します。慣れてきたら、徐々に重さを調整して上げていきます。

骨が成長する中学生にダンベルは必要なの?

 

ダンベル,ヘルニア

 

中学生にダンベルは必要ないというイメージや、骨の成長が著しい中学生にダンベルを使って大丈夫なのかという意見もあります。ですが、使い方によっては中学生でダンベルを使うことは可能です。

 

ただし、重すぎる重量では骨の成長に悪影響を及ぼしたり、身体を傷めてしまう原因にもなるので、中学生がダンベルを使う場合はピンポイントで活用することです。まず、ダンベルの重さはちょっと軽すぎるかなと感じるくらいの重量がおススメで、座ってトレーニングをします。

 

座ることで反動が少なくなるので骨へのダメージを減らせます。上腕二頭筋や肩を鍛えるのにダンベルを使った方が良いので、ピンポイントに無理なくダンベルを活用すれば、骨の成長が著しい中学生の成長を妨げることなく、筋力アップにもつなげることが出来ます。

 

中学生がダンベルを使うのは悪いことではなく、ピンポイントで使えば骨に悪影響を及ぼすことなく、無理なく筋力アップにつながることが分かります。

 

大人と同じように使うのは負荷がかかるので、軽すぎるかなと感じるくらいの軽めのダンベルを使って座ってトレーニングをすれば余計な負荷や反動がかからないので、中学生の筋トレとして活用出来ます。使い方次第では中学生でもダンベルによる筋力アップ効果は引き出せます。

モーションズ@Motions式アジャスタブルダンベルの口コミトップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページでモーションズ(Motions)式アジャスタブルダンベルについても確認してみてください。